Galaxy S10+/サムスン電子/docomo・au

機種名:Galaxy S10+
型番・別名:SC-04L(docomo) / SCV42(au)
メーカー名: サムスン電子
携帯事業者:docomoau
発売日:2019年06月01日(docomo)2019年05月23日(au)
<スペック>
【画面サイズ】
6.4インチ
有機EL
3040× 1440ピクセル
526dpi
【本体サイズ・カラー】
厚さ
(最厚部)
重さ
158mm
74mm
7.8mm
(8.4mm)
175g
プリズムホワイト
(auのみ)
プリズムブラック
 
 
【カメラ機能】
メイン
(アウトカメラ)
1600万画素+1200万画素+1200万画素
超広角+望遠+広角・可変絞り
サブ
(インカメラ)
1000万画素
【性能】
CPU
Snapdragon 855
2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.8GHz×4
OS
Android9.0
メモリ
8GB
データ容量
128GB
外部容量
microSDXC
512GB
バッテリー
4000mAh
待受時間
450時間
通話時間
2340分
急速充電
Quick Charge2.0
Wi-Fi
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth
5.0
【その他機能】
IPX5/8
IP6X
耐衝撃
生体認証
指紋:○
虹彩:×
顔認証:○
ワイヤレス充電
FeliCa
NFC
赤外線
×
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
GPS
外部接続
USB type-C
SIMカード
nanoSIM
【その他独自機能】
ワイヤレス給電の「ワイヤレスパワーシェア」を搭載
<一口コメント>
Galaxyシリーズの正統進化系のS10の上位モデルです。ノッチの採用を拒んできたGalaxyシリーズですが、「Infinity-O Display」と呼ぶパンチ穴のようなカメラ用の穴が画面にあける方法を採用しました。ノッチと比べれば画面の欠ける割合は少なく済みますが、全画面で映像を見るときはやはりちょっと気になるんじゃないかなぁという気がします。
<機種ニュース>
<機種詳細ニュース>
<レビュー記事>
Galaxy S10+実機レビュー、王道を征くフラッグシップ - Engadget 日本版
隠れた新機能ワイヤレスパワーシェアでiPhoneも充電できる
<ミニレビュ・コラム>
サムスンの新基軸スマホ、Galaxy S10シリーズ - 日経トレンディネット
韓国サムスン電子は米国時間の2月20日、Galaxy S10シリーズの新スマートフォン3モデルを発表した。新モデルでは「HDR10+」初対応の有機ELディスプレー、前面カメラのレンズ部分だけをくり抜いた新デザインなど、サムスンの強みであるディスプレー技術が生かされている。